金属床

[M.N.様 男性 89歳]

私の場合、近くの歯医者にかかってはおりましたが、歯周病で血の混じったよだれで枕にしみを作る程進行しておりました。冷たい物がしみたり、歯ぐきの腫れ、痛み、歯のぐらつき等で、食事もまずく、気分も冴えない日々でした。
年齢も89歳を超え、今更という感じと、過去お世話になった別の歯科医の先生に相談と言う気にもならず・・・・・・のそんな時、インターネットで知った勝沼歯科医院の存在に思いきって飛び込んでみました。
毎回100%満足の治療を受けて、やっと今回上下入れ歯がスマートな新品のものと交換の日を迎えました。
自分乍ら若返った感じで、それから2日後に鬼怒川温泉の戦友会に出席して、皆にうらやましがられたことはもちろんです。

院長のコメント

上下共噛み合わせのバランスが非常に悪く、ぐらぐらの歯もあり、かなり歯周病が進行しているところもありましたが、ご高齢なこともあり、どうしても保存が不可能な一本を除き、他は揺れている歯も含め全て保存する方向で進めてみました。
現在使われている入れ歯を修理しながら、噛み合わせを徐々に修正していき、安定することを確かめていただいた上で最終のものに置き換えました。
これ以上歯を減らさないための予防的保存法と、上下の入れ歯の安定・噛み合わせの平面の修正を含め、後々、万が一、歯を抜くようなことが起きても、口の中で修正が直ぐ出来るように考慮し、写真でもお分かりのようにバネの見えない義歯にいたしました。
審美性も改善され、義歯の安定も得られ、何でも噛めると大変喜んでいただきました。
現在も、きちんとメインテナンスに来院され、調子のよう状態を維持しておられます。

いつまでも、健康で素晴らしい人生が送れますように願っております。