メタルボンド

[I.M.様 女性 49歳]

まず良かったと思う点は、いつ折れるか分からない状態から解放されたことです。それと、神経を抜いてしまっていたため、歯の色がかなり茶色に変色していましたが、となりの歯を同じ色になり、気持ちがいいですネ。
被せた直後は、食べ物が歯の間に詰まったような間隔がありましたが、1時間くらい?で違和感もなくなりました。
食事の時も意識せず、以前と同じように食べられ、治療して良かったと思います。金額的には決して安くないと思いますが、金属アレルギーの心配もないとのことで、満足しています。

担当医のコメント

患者様は、神経を取ってしまった事による歯の変色を気にされておりました。虫歯もありホワイトニングでは対応できないと考え、前歯2本とも歯冠修復処置(被せる)の治療計画を立てました。
被せる材料については通常のポーセレン(瀬戸物)でもできましたが、金属アレルギー、色調、強度の問題から、内面の金属を一部コンピューター制御で製作し、表面に瀬戸物を貼り付ける最新の技術を用いて作られる『エージーシーAGC』を選択いたしました。
ほとんど調整もいらずぴったりと入れることができました。内面の金属は金を使用している為、歯ぐきを透かして黒くならず、また裏側まで白いので大きなお口を開けても分りません。色調も周りの天然歯にマッチしていると思います。