歯の大切さ

 

 

みなさん、こんにちは。

勝沼歯科医院の恵です。

 

 

すっかり涼しくなり秋の雰囲気になってきましたね★

秋は紅葉などがキレイですしお外で過ごしやすい時期でもあるので

お出掛けしたくなります★

あとは秋は美味しいものが沢山あるのでついつい食べすぎちゃいますよね^^笑

 

そこで美味しいものを美味しく食べるにはやはり健康な歯が大事になってきますよね!

なんらかの原因で歯や歯肉が痛くては食べ物も美味しく食べる事ができないですし

むし歯をそのままに放置していて、歯が溶けたり自然脱落等で歯の本数が少なくなって、

物を噛むのも難しくなってきます。

 

 

人の永久歯の本数は親知らずを除いて28本あります。

親知らずは必ずしも皆が生えてくるわけでもなく4本すべてキレイに生えそろう人もあまり多くはないでしょう。

そこで永久歯が28本もあるから、1本や2本くらいなくなっても噛めるから大丈夫とお思いの方も少なくはないと思います。

しかし1本なくなることにより、沢山の影響が出てくることを皆さんはご存じでしょうか?

1本でも歯を失うと、両隣の歯が倒れてきたり、噛み合っていた向い合う歯が伸びてきたりして、噛み合わせに狂いが生じます。

すると、発音がしづらくなったり、うまく噛めなくなって食事の際に支障が出るほか、歯と歯のすき間が広がって食べかすが挟まりやすくなり、う蝕(虫歯)や歯周病になりやすくなってしまいます。さらに、怖いことに、噛み合わせ不調による頭痛、肩こり、耳鳴などの不定愁訴を招いてしまうこともあるのです。

また、1本の歯を、インプラント・義歯・ブリッジなどの補綴の補うことはできますが1本の歯の価値はとても大きいので、

今ある歯を大事にしてほしいです^^

 

丈夫で健康な歯を維持するためにも、普段から歯科医院で定期的に健診に行くことをおススメします★

 

 

 

 

◆10月6日(土)は1日休診となります。

ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。