できるだけ歯を残すために・・・ 〜Doc’sbest cement〜

従来のむし歯治療では、むし歯菌に感染している部分は削って完全に取り除く必要がありました。むし歯を取るためとはいえ歯を削るわけですので、削れば削るほど残る歯質の量は少なくなり、歯はもろくなっていきます。

また、大きなむし歯を治療する場合は、そのほとんどの場合痛みを伴います。恥ずかしながら私も経験があるのですが、削るときの痛みというのは本当に嫌なものですよね。
そのため麻酔が必要になるのですが、「注射もできる事ならしたくない」という方がほとんどではないでしょうか。
大きなむし歯の治療は、場合によっては神経の治療も必要になります。
このように通常虫歯が大きくなればなるほど、治療は大掛かりになり、その結果治療回数や治療費もかかるようになります。

ほとんど削らないむし歯治療

ドックベストセメントはアメリカ発の画期的なセメントです。
この治療法の大きな特徴は、むし歯をほとんど削らずに治療できる。という点です。
ほとんど削らないで治療が可能ですので、痛みを感じる事もありません。
また、なるべく多くの歯質を残すことができるため、それにより将来的に歯の寿命を延ばすことにも繋がります。

では、なぜそんな事が可能なのでしょうか?

ドックベストセメントは天然ミネラルを主成分としております。
この天然のミネラル成分が虫歯菌に作用し、菌を無力化するのです。
さらに、無菌化された歯は自然治癒力を発揮し、本来のかたさを取り戻していきます(再石灰化さいせっかいか)。 つめたセメント自体がこのような作用を示してくれるので、ほとんど削らなくともむし歯の治療が可能になります。

効果が持続!

ドックスベストセメントは抗生物質などの薬とは違います。
体内にも存在する銅イオン等の天然ミネラルを主成分としているため、抗菌力が半永久的に持続します。
また薬によるアレルギーや耐性菌の心配が無く、歯だけではなく体にも優しい材料といえます。

勝沼歯科医院ではこれまでも、患者さんの歯をなるべく残す方法を常に考えてきました。
ドックベストセメントはその想いを実現させてくれる、一つの有効な手段だと確信しております。

治療の流れ

1、ドックベストセメントがむし歯の穴にしっかりと詰められるよう、少しだけ削って穴の形を整えます。この際、ぼろぼろと崩れてくる部分は一緒にとります。
2、むし歯の穴を洗浄します。
3、むし歯の表面にドックベストセメントを詰めます。
4、2重のセメントでふたをします。

これで終わりです。
あとはケースによってそのままの状態でしばらく経過観察をします。

3Mix法との比較

3Mix法は、その名の通り3種類の抗生物質を混ぜ合わせたものをペースト状に練り(3Mix-MP法)治療に用いる方法です。
当院でも2002年頃からこの方法を診療に取り入れて、その効果を目にしてきました。
ドックベストセメントと3Mix法はその治療概念が似ているといわれておりますが、当院では現在、ほとんどの場合ドックベストセメントを用いるようになっております。
その理由としては、両者を比較した際、以下のような違いがあるからです。

3mix法 ドックベストセメント
抗菌力 持続しない 半永久的に持続する。
安全性 抗生物質を用いているため、アレルギーを起こす心配がある。 身体にも含まれる天然ミネラルを主成分としているため、安全性が高い。
耐性菌たいせいきん
(その薬に耐性を持った菌)
抗生物質を用いているため、耐性菌が生まれる可能性がある。 耐性菌の心配が無い。

むし歯で悩まれている方、もう手遅れだとあきらめられている方、歯を救える望みがまだあるかもしれません!一人で悩まず、一度ご連絡ください。きっとよい治療の提案がさせていただけると思います。

※ドックベストセメントは日本では未発売の材料です。海外の製品と聞くと不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)にて安全な薬剤として認可を受けており、世界中で使用されている信頼のある薬剤です。