小さなときからの予防歯科

歯が生え始めたら、その時から予防をしておくことがとても大切です。
歯は生えてくる前に、まず顎の骨の中で血液中のカルシウムを取り込んで硬くなっていきます。そして生えた後は唾液中のカルシウムを取り込んでさらに硬く、成熟していきます。
この段階が途中の生えたての歯は、軟らかく、むし歯になりやすい状態です。
見た目では、生えたての歯もそうでない歯も見分けがつきませんが、実はそんな違いがあるのです。

むし歯予防のメリット

3才までが勝負!

むし歯になる人生か、むし歯にならない人生かは、実は3才までの間に決まります。その理由はむし歯菌がお口の中に感染するのが、1才半頃から3才頃だからです。そうです!むし歯菌は初めからお口の中にいるわけではないのです。
では、どこから感染してしまうのでしょうか?
それは・・・

1位:お母さん
2位:お父さん
3位:おじいちゃん、おばあちゃん

と言われています。
「親も歯が弱いから子供も弱い」そんな話を耳にしたことがあるかもしれませんがが、むし歯は「遺伝」ではなく「うつる」ものです。

ですから、お子さんの歯をむし歯から守りたいと願うのであれば、それを叶えるためには、ご両親をはじめご家族の方のお口の中が健康であるということが一番の近道になります。
それが結果的にお子さんの歯を守ることに繋がるのですね。
もしも、「そういえば最近歯医者に行ってないな〜」という方は、今すぐ一度チェックを受けましょう!
3才までに歯を守るための予防習慣を身につけることがとっても大切です。

歯の予防は全身の予防に繋がる!?

3才までにむし歯ゼロの環境を作っておくことが、どれくらい大事なのか・・・もう少し説明させてください。
現在、65歳以上の人の年間医療費は、平均して一人当たり70万円程度かかっています。
定年退職後に毎年これだけの医療費がかかってくるのです。
“歯”にスポットを当ててみると、「生涯自分の歯で食べていける人」と「歯を失って入れ歯の生活になってしまう人」とで生涯にかかる医療費はなんと約500万円もの差が生まれるとのこと。びっくりですよね!
さらに、歯を失った人は物が咬めないので飲み込む事が中心となり、胃腸にとても負担をかけ、胃ガン、大腸ガンのリスクを高めます。
また、ある調査ではご自身の歯でしっかり噛める方に比べ、入れ歯の方は寝たきりや認知症になる確率が高くなるとも言われています。寝たきりになると、飲み込むことがしっかりできなくなり、今度は肺炎のリスクが高まります。

このように自分の歯が残っている場合とそうでない場合とでは、これだけ大きな差が生まれます。その将来に、子供の時期の“今”がそれほど大きく関わっているのです。

これらの事を含めて歯の大切さを感じて頂けたら幸いです。

命の入り口である“口”。
お口の健康を保つことが全身にもこれだけ良い影響を与えるのですね。

小児歯科