インプラント治療にかける想い

医療の中では、生体の一部が何らかの理由により失われた場合、その形態や機能を回復させるために体内に埋め込む人工物のことを指し、整形外科で用いる人工関節などがそれにあたります。

歯科におけるインプラント治療とは、歯を失った部分に人工の歯根(しこん)を埋め込み、噛む機能を回復させることを指します。

従来の治療では、歯を失った場合、それを補うために他の歯や組織に負担を強いらなければなりませんでした。それに対してインプラントはあごの骨に支えを求めることで、他の歯に負担をかけず、天然の歯と同等の健全な機能と審美性を回復させることが可能になったのです。

その機能の高さから“第2の永久歯”ともいわれています。

インプラント治療にかける想い

勝沼歯科医院ではこれまで、インプラント治療に情熱を傾けてきました。「患者様に自分の歯を取り戻し、豊かな生活を手にしてほしい!」このように思っております。

あなたは歯を失ったことによって、大切なものを失くしてしまっていませんか?

歯を失ってしまったことで、それまでの生活で当たり前にように
手にしていた何かを失くしてしまっているかもしれません。

それは・・・

「好きなものを好きなだけ、バリバリ食べられる」
「人の目を気にせず、大きな口をあけて、大声で笑うことができる」

というような、若いころには当たり前だと思っていたことばかりかもしれません。
しかし、そんな当たり前のことが、当たり前でなくなった時。いかにそれが大切だったか、いかに生活が豊かだったのかを感じられるのではないでしょうか。

これまでに、歯を失って生活の豊かさを失ってしまった多くの方々と接してきた中で、その方々がインプラントという最も自分の歯に近いものを手にすることによって、失った生活の豊かさを手にし、輝いていくのを見てきました。

インプラント治療を通じて、少しでも多くの方が豊かな生活を手にするためのお手伝いができればと思っております。

勝沼歯科医院のインプラント治療

治療は、日本口腔インプラント学会認定の専門医の資格を持った理事長を中心に、十分なトレーニングを積んだ歯科医師のみが行います。

勝沼歯科医院の歯科医師全員が、日本口腔インプラント学会の指定研修施設に所属しており、勉強会や学会にも積極的に参加し日々研鑽を重ねております。

また、歯科用CTを始めとする最新設備を完備し、より正確な診断・治療が行える環境が整っております。

歯を失ったとき・・・

何故その歯を失うことになったのか。そこには必ず原因があり、その理由をしっかりと考察することが重要です。

それをせずにインプラント治療を行ったとしても、インプラントがその二の舞になりかねません。

勝沼歯科医院では事前にインプラント治療を行った際のメリットはもちろん、個々の患者さんに起こり得るリスクやマイナスの点についても、包み隠さずお話させていただいております。

その結果、インプラント治療自体をやらないと選択される患者さんもいらっしゃいます。場合によってはインプラントより他の治療法の方が患者さんにとって良いと判断すれば、私たちからその提案をさせていただきます。

ご自身の身体に関わることですので、一番納得できる治療法を選択していただくことが何より大切だと考えています。

インプラント